伝統技法に拘った本物 半纏・被布の製造販売 滝本織布(有)
HOME
印袢纏
半纏と法被の違い
会社概要
問い合せ
リンク
半纏と法被の違い
ハンテンとハッピは混同されています。
法被(はっぴ)とは単(ひとえ)の羽織のような
短衣で(襟は折りかえっています)胸に共布で胸紐があり、
家の印を背と裾まわりに付け、
武家では家僕である中間などの
上衣として着せたとあります。
対して半纏(はんてん)とは
襟は折りかえっていないもので、
江戸時代一般庶民に着用を禁止された
羽織にかわって流行したものであり、
仕事着の上衣などで着ていたとあります。
又、火消し・お祭り・仕事着として着た半纏を
印半纏と呼びます
(半纏とは絆(きずな)を纏う(まとう)
と言う意味もあります)
この記述からも分かるように現在、
法被(はっぴ)と言われているもの全ては
正確には印半纏であり、
自社では伝統的な作りを大切にして 製作しておりますので
自社製品は法被(はっぴ)と言わずに印半纏と呼びます。
滝本織布(有) 瀧本博之